【2019年11月23日(土)】

11月23日、2019年度11月例会並びに第58回「久米賞・百合子賞」授賞式が開催されました。

第58回「久米賞・百合子賞」授賞式では、佐藤拓也実行委員長の挨拶の後、郡山市文化スポーツ部部長の本田文男様、郡山市中学校長会会長代理の柳沼久裕様、郡山市PTA連合会会長代理の安齋拓郎様よりご祝辞をいただきました。

その後、佐藤実行委員長より、百合子賞小説部門正賞の山本咲さんら受賞者に賞状の授与、溝井勇審査員長よる講評が行われ、受賞者を代表して山本さんが作品に込めた想いをスピーチしました。

授賞式後の記念講演会では、小説家の柳美里氏に「物語の書き方と福島への想い」と題して講演をいただき、受賞者をはじめ多くの市民が熱心に耳を傾けていました。

続いて、2019年度11月例会が行われました。佐藤拓也理事長は挨拶で、「ビジネスの機会」「個人の機会」「地域社会の機会」「国際性の機会」を取り上げ、様々な機会を自らの成長につなげていく重要性を確認しました。その後、会務報告、出向者報告が行われました。