2019年6月9日(日)

6月9日(日)、郡山相撲場にて「第22回わんぱく相撲福島ブロック大会」が開催されました。5月26日に開催された「第22回わんぱく相撲こおりやま場所」にて入賞した各学年上位3名までのわんぱく力士たちは郡山市の代表として、白熱した取り組みを見せるとともに、日々の練習から生まれる相手を敬う心や相撲道を通して清々しい礼節を見せてくれました。

取り組みの結果、郡山からは女子6年生の部から阿部由茉さん(芳賀小)、男子4年生の部から田母神満扽くん(芳賀小)と小池真礼くん(大成小)、5年生の部からは佐藤諒英くん(行健小)、6年生の部からは橋本尚己くん(小山田小)と有賀翼くん(行健小)の計6名が、全国大会の出場切符を手にし、笑顔を浮かべていました。

男子の部「第35回わんぱく相撲全国大会」は8月4日に開催される予定で、本年度より女子の部「第1回わんぱく相撲女子全国大会」が開催されることとなり8月25日に予定されています。

全国大会に出場が決定した選手たちは、大会に向けた意気込みを新たにしていました。