2019年5月24日(金)

5月24日(金)、郡山市公会堂にて「2019年度5月例会並びに「輝け!郡山の魅力サミット~新たな可能性の創出へ~」が開催されました。

例会で佐藤拓也理事長は、「思考は現実化する」とのナポレンオン・ヒルの言葉を引用しながら、「青年会議所に対して、青年らしい勢いを期待されていることを感じている。心から込み上げてくるような熱意を持って事業に取り組んでいこう」と呼び掛けました。その後、各委員会・出向者より報告が行われました。

続いて開催された「輝け!郡山の魅力サミット~新たな可能性の創出へ~」では、郡山市を中心に活動する音楽やスポーツに関係する14団体が参加し、それぞれの団体が活動内容などのPRを行いました。音楽とスポーツのコレボレーション実演として、子どもと一緒に参加できる県内唯一の吹奏楽団「ママブラス郡山アマービレ」と社会人サッカークラブ「FCシャイネン福島」がパフォーマンスを披露しました。参加者からは「各団体の取り組みを直接知ることができ、今後のイベントなどに活かせそうだ」との声や、「コラボレーションは難易度を高くするが、その分やりがいもひとしお」などの声が寄せられました。