7月29日(日)

IMG_5338両国国技館にてわんぱく相撲全国大会が開催されました。郡山からは3名の選手が代表として前日28日から同会場に入り、翌日の入場行進リハーサルを入念に行い、相撲教室や実技指導などを受け、心身の鍛錬と健康の増進、対戦相手・周囲の人々を敬い、思いやる心を学びました。

IMG_5332

近年の相撲ブームの再燃と連動し大変盛り上がり、郡山からも福島ブロック大会を勝ち上がった、5年生の橋本尚己君(小山田小)・6年生の佐久間秀人君(大成小)・國分夏君(三和小)が参加し、橋本君、國分君は初戦敗退、佐久間君は二回戦敗退と残念な結果ではありましたが、全国の舞台で健闘しました。