5月25日(木)に郡山市郡山公会堂におきまして、5月例会が行われました。

例会開始前に、福島ブロック協議会の皆様が「第47回福島ブロック大会inだて」についてのPRにお越しいただきました。

そして理事長 橋本裕君より、JC運動・活動を行っていく上で自分自身の言葉に責任を持って行動をして欲しい。そして郡山青年会議所に所属をしていて、自分は何ができて、何をしなければいけないのかを意識して今後のJC運動・活動をして欲しいとの挨拶がありました。現在、現役会員が76名いるなかで本年度の卒業生は15名になります。会員が減少していく中で、これからの組織づくりの重要性、一人ひとりの責任を改めて感じることができました。

 また、会務報告の中ではまちづくり委員会の佐藤委員長が前日24日(水)に行われた

「集え!NEXT GENERATION~共に生み出す大きなチカラ~」についての報告と御礼を述べられました。

また、出向者報告では防災大国日本確立委員会に出向されている、青木副委員長、丸山小幹事が「未来へつなぐプロジェクト~音楽のちから~」のパネルを作成したことを発表されました。