1月20日から1月22日にかけて、京都国際会館にて開催された「公益社団法人日本青年会議所2017年度京都会議」へ参加しました。

1日目は、郡山青年会議所より(公社)日本青年会議所へ出向している 副委員長 青木誠 君、委員 丸山雄平 君の防災大国日本確立委員会へ訪問し、同じく 委員 増子陽 君、委員 橋本有市 君の国史教育委員会へ訪問しました。

また、成田英樹君が福島ブロック担当副会長として出向している、(公社)日本青年会議所東北地区協議会が開催した東北地区協議会会員会議所会議へオブザーブ参加しました。

続けて行われた東北青年フォーラム主催主管締結式では、郡山青年会議所から多くのメンバーで参加し「公益社団法人日本青年会議所東北地区協議会2017年度東北青年フォーラムin奥州」の開催が締結されました。

その後、(公社)日本青年会議所東北地区協議会2017年度京都会議東北地区ナイトへ参加し、東北各地の役員の紹介が行われました。

2日目は、会員拡大サミットin京都会議に福島ブロック協議会 会長 成田 英樹 君がパネリストとして福島の会員拡大の状況を説明されました。会場は延べ2000名に及ぶ大盛況で、多くのメンバーで会員拡大に対しての姿勢や仕組みを勉強してきました。

そして同じく防災大国日本確立委員会の公開委員会に参加してきました。前半は「自然災害大国日本から学ぶ未来への取組み」として認定特定非営利活動法人 NPO高知市民会議

理事 山崎 水紀夫 様の公演をお聞きし、後半は地域別に分かれてのワークショップに参加してまいりました。

その後、メインフォーラム第1部では衆議院議員 下村 博文氏による「教育再生フォーラム」第2部では株式会社 経世論研究所 所長 三橋 貴明氏、アライアンス・フォーラム財団代表理事 原 丈人氏による「経済再生フォーラム」に参加してきました。普段では聞くことのできない方の公開討論会に参加でき、非常に学びの多い一日となりました。

その後、姉妹JCである(一社)奈良青年会議所さんと合同LOMナイトを開催し、本年度も変わらぬ友情を深めることができました。

3日目は、新年式典に参加しました。(公社)日本青年会議所2017年度会頭 青木 照護 君が所信表明し、世のため、人のためが自分のため。目先の利益よりも、未来への投資を重んじる生き方、それこそが全ての日本人が目指すべき日本の道「日本道」であるとの強い考えのもと、未来の子どもたちに投資をしていく教育再生、未来を見据えひと・もの・技術に投資を行う経済再生などの重点事項を演説し一期一会の覚悟を持って進むことの必要性を力強く感じる京都会議となりました。

 

(公社)郡山青年会議所理事長所信